MVPからSLCへ

MVPが悪いのか?

先日、米国のJason CohenというWPEngineの創業者(40億円超の資金調達をしている)がブログで「I hate MVPs. So do your customers. Make it SLC instead.」というエントリーを上げていました。「私はMVPは嫌いだ。あなたの顧客もそうだ。代わりにSLCだ。」って意味かな? これが面白かったのでTwitterでもシェアしましたが、あらためて本ブログでもピックアップしてみます。

 

ここでいうMVPとは「Minimum Viable Product」の略であり、「ユーザー検証に必要な最低限の能力を兼ね備えたプロダクト」という意味になります。リーンスタートアップという顧客開発手法において注目を浴び、以後スタートアップのメソッドとして一般化してきたように思います。

 

一方で、他の先行する有名起業家の”まずリリースだ”系の言説とも相まって誤解を産んでいたのではないでしょうか。MVPを供給者側が必要とする動機に理解を示しつつも、その未熟なプロダクトを提供されたいと顧客が望んでいるのかと。

 

最初のプロダクトは特にシンプルであるべきだし、できるだけコストも時間も掛けずにユーザーニーズの検証ができるプロトタイプやモックのようなものは必要だと私も考えていますが、それはプロダクトは未熟な状態で出しても良いと言うことではありません。ただこのシンプルさと未熟さが同義に捉えられているのではないかと思います。

 

この2つの違いを表した有名なスライドがあります。

SLCというコンセプト

MVPをみんな勘違いしてるんじゃないの? ユーザーが提供して欲しい価値は何か? 移動という価値なのか、未完成な車なのか理解しよう、ということです。

 

実は上述の起業家はリーンスタートアップという書籍を書いたEric Riesからも出資を受けているのでおそらくMVPやリーンスタートアップ手法を全否定したいわけではなく、背景となる思想を理解したうえで、当初の意図がねじ曲がり形骸化しつつあることに警鐘を鳴らしたかったのだと思います。

 

そして彼は新しくSLCというコンセプトを提案しています。

SLCとはSimple, Lovable and Completeということです(社内ではSLCをSlickと呼んで「あなたのアイデアのSlickバージョンはどんなものなの?」というように使っているそうです)。

 

シンプルであることは不完全とは矛盾しないし、そもそもプロダクトはユーザーに愛されるべき。

 

TwitterやLINEなどの初期プロダクトとしてのシンプルさ、そしてユーザーのニーズを満たす機能については完璧に提供できているからこそ、ユーザーが熱狂して広がっていく、ということです。これは我々が体感してきたことのはずです。これをいま一度自分たちが取り組んでいるプロダクト/サービス開発において自覚すべきなのかもしれません。

 

インターネットやスマートフォンアプリ黎明期においてはすべてのサービスクオリティが低かったため、まずはプロダクトをリリースし、改善はそれからだ、スピードが大事なんだ、というオペレーションによる改善重視の事業の進め方でも成り立っていたかもしれませんが、いまはユーザーがさまざまなアプリケーションやサービスに慣れすぎていて、あらゆる側面で要求水準が高くなっています。そこで不完全なプロダクトを前に顧客はどう感じるでしょうか?

 

ユーザーへの価値提供ポイントを絞り込み、将来の発展系を頭に描きつつ、ファーストコンタクトでユーザーがそっぽを向かないようなシンプルかつ完璧なプロダクト開発が求められる時代に私たちはいるのは間違いありません。

 

その他のブログも見る