無料で起業アイデアを検証する3ステップ

いま起業アイデアがある方へ。そして、そのアイデアを推し進めるかどうか悩んでいる方、また、それを検証するためにお金(資金調達)が必要なんじゃないか、と思っている方へ。

 

VCに会ったり、会社設立することはいつでもできるので、私のおすすめは、まず無料でできるところまでアイデアの検証をすることです。土台となる確信をもっと深めてから動いても遅くはありません。

 

ということで、私がいつも言っていることではあるのですが、改めて。

 

1. 【誰の】どのような課題解決やニーズ充足をするのかを定める

 

日本語はその特性上、【誰】が曖昧でも話が通用しがちです。私はまずこの【誰の】を大事にすると良いですよ、といつもお話しています。

 

主語があいまいだと、本来恩恵を受けるはずのユーザー目線からではなく、供給者目線(「ここに球場を作れば人がやって来る」のフィールド・オブ・ドリームス症候群)や神目線(社会的な課題はこれだ、本来世界はこうあるべきなんだ)からサービスを考えてしまい、さらに言うとその思い込みに従って作ってしまったけど誰も使わないという事態に陥りがちです。もちろん、偶然供給者の思惑が消費者にハマるケースもありますが、勝負する資金が必要なのと、再現性がないのであまりおすすめはしません。

 

【誰の】=(初期)ターゲットユーザー、が明確に見えたらその先に進めやすい。これが自分であるケースや身近なひとであれば尚わかりやすいでしょう。アップルのジョブスのような圧倒的な当事者感からプロダクトへ落とし込むタイプも、客観的に他人の行動からインサイトを得るタイプの起業家もいますので、必ずしも自分自身がターゲットユーザーである必要はないかもしれませんが。

 

2. ターゲットユーザーへのインタビュー等でリアルな反応を見る

 

インタビュー? やってるよ、って方いらっしゃると思います。でも、「知り合いにだけ」じゃダメですよ。友人・知人バイアスがかかりますから。【他人といかに向き合うか】が大事です。事業が成長したら多くの【他人】があなたのサービスを使うようになるわけですから。恥ずかしがってる場合ではありません。街に出ましょう。

 

そして、アプリやWebでのサービスを考えているのであれば、どう使うのかイメージできる(ペーパー)モックやイラストを用意しておくと良いと思います(もちろん使えるお金があればランディングページ1枚+リスティング広告で検証する手もあります)。

 

この行動を起こす上で大切なのは、仮説どおりにユーザーが悩んでいるか、欲しているか、を確認することと、または他に困ったことがないかをあぶり出すこと。ニーズの強度と他の事業可能性を探るということなので、とにかく「これあったら使うでしょ?」と押し付けにならないことが大事。客観的に。

 

3. ユーザーを感動させられるレベルを考える

 

ここまでやって、未開拓の需要なんてないんじゃないか、nice to haveな(あっても良いけど無くても困らない)ものを提供しようとしているんじゃないか、と思った方。大半がここで立ち止まりますのでそれが普通です。

 

ここを突破するひとつの方法は、上記インタビューをするなかで、ユーザーが抱えている課題を解決するためにいま【仕方なく】使っているサービスがないかを探ると良いと思います(私だったらどんなアプリ使っているかスマホ見せてもらったりします)。そして、彼らにどのような顧客体験(UX)を提供したら、感動させられるか? を探りましょう。

 

人間、ニーズが強ければどんな不便なサービスでも使ってしまいます。ICOに参加したいと思えば、あの不便なMyEtherWalletだって使います(例えが悪い?)。つまり、そこでしか提供していないものや売っていないものであればユーザーは渋々でも使うし、買うんです。

 

裏返すと、UI/UXが不評なサービスでもユーザーが付いているということは、ニーズの強さを証明していることになるわけで。その牙城をどう切り崩すか? どうユーザーの心を奪うか、にフォーカスできます。もちろんこの場合は敵も日々改善しているわけですが。必ずしも1st Moverだけが勝つわけじゃない理由はこれですね(SNSも最初に立ち上げたのはGREEでしたね)。

 

徹底的に、どうすればユーザーが感動するサービスになるのか、期待を超えるサービスになるのか考えてみてください。複雑である必要はないですから。何ならパワーユーザーになりそうな方をそのままブレストに巻き込んだって良いと思います。

 

繰り返しになりますが、実際にプロダクトをつくったり、仲間を巻き込むのはその後で充分です。

 

まとめ

 

・誰がお客さんかわかりますか?

 

・お客さんのリアルな反応は見ましたか?

 

・どこまでできたらお客さんは感動してくれると思いますか?

 

この3つを考えてから、初期のプロダクトつくったり、その後のスケールの方法や資金についての相談をVCやエンジェル投資家としたり、創業仲間を口説いたり、会社設立したり、という順番で良いんじゃないかな、と思ってます。

 

焦らずいきましょうー。

 

[このブログはnoteにも掲載しています]