CVC立ち上げの留意点

コーポレートベンチャーキャピタル花盛り

先日JR東日本さんがアクセラレータープログラムの開始を発表されました。

 

直近で言えば、トヨタさん、野村證券さんなども記憶に新しく、大企業によるオープンイノベーションの動きは加速しつつありますね。

 

そしてオープンイノベーションの具体的な形としては、CVC設立、アクセラレータープログラムの提供が多いと思います。

 

サイバーエージェント・ベンチャーズも見た目はコーポレートベンチャーキャピタル?なので、どうCVCを立ち上げたら良いのかという類のご相談を結構な頻度でいただきます(実際は独立系の要素もあり、CVCと独立系の良いとこ取りだと思っていますが、それは今回本筋からずれるので割愛)。

 

コーポレートベンチャーキャピタルの立ち上げ、アクセラレータープログラムの運営という点で、私からは、CVCとして、というよりは、元ベンチャー経営者、現ベンチャーキャピタリストとして、お話をさせていただいています。

 

では、実際どういった点に留意してCVCを立ち上げるべきだと私が思っているかをまとめました。

 

 

良いアクセラレータープログラムの条件

私が思う、ベンチャー企業/スタートアップにとって、良いCVC、アクセラレータープログラムですが、

 

  1. 中心人物が誰か分かりやすい
  2. 自社リソースが見える化されている
  3. 採択や投資基準の明確である

 

を挙げさせていただくことが多いです。無理やりまとめると”分かりやすさ”が大事だと思ってます。数多くのCVCが立ち上がっていているなかで、イベントやアクセラレータープログラムが多く立ち上がってきていますので。

 

1.については、中心となる人物の本気度、社内リソースへの理解の深さ、部署横断的に動けるフットワークの軽さ、個としての情報発信力、など含めて、このひとならベンチャーを自分たちの都合だけで振り回すことがなさそう、と思わせることができるか、が重要だと思っています。そのためにも、組織として、というよりは誰かひとり”顔”になる方が必要だと私は思っています。

 

2.については、自社リソースすべてを生の素材のまま提示するのではなく(隠すよりは良いですが)、組むベンチャー企業側にとって分かりやすい形で社内リソースをキュレーションすることが大事だと思います。もっというと、ユーザー目線で双方のアセットをすり合わせることができると、連携がしやすくなります。ターゲットとなる最終消費者が誰で、彼らにどういった目線で価値を出せるのか、と。大企業はアセットが多い分そのすべてを説明しがちなのですが、絞り込んで簡潔に伝えたほうがスタートアップ側にとっても参加するメリットが分かりやすく”とっつきやすい”というのがあると思います。

 

3.については、ベンチャー側のリソースや資金力の問題に関わってきます。採択される基準、もし投資があるならその条件などは可能な範囲で早めに公開してもらえると良いと思います。資金力のないベンチャー企業にとってみれば、そこに自社の少ないリソースを突っ込む価値があるのか、ないのかが本当に重要です。打ち合わせひとつとっても無駄にはできませんから。

 

ということで、ひとえに顔となる方が本気で(会社のイノベーションを促進したいからこそ)ベンチャー企業の側に立って社内との交渉を進めてくれる方かどうか、が重要だと考えています。

 

もちろん経営陣のコミットも

 もちろん、それらに対して経営陣のコミットも大切だと思っています。決して社内政治の道具にせず、プログラムを任せて、チャレンジした事自体を評価する。ややもするとトレンドに乗っただけで、上手く行かないのですぐ撤退、というケースも過去にはありましたので。その意味ではいまのタイミングかどうか関係なく、経営陣からの支援があり、継続的に取り組みができるかどうかも成否を分けるポイントだと思います。

 

まだCAVに入社したばかりのころ、CVCも少ない時代にCROSSOVERという事業会社とスタートアップの連携を促進するイベントを私が中心になって運営をしていましたが、そのときの発起メンバーでもあるKDDIさんはかなり早くからオープンイノベーションに取り組まれていて、上記で挙げた条件は満たしていると思いますし、ここまで試行錯誤されながら理想的な形で進めて来られ、成果につなげていらっしゃる印象です。

 

CVCの活性化はスタートアップ/ベンチャーの底上げに必ず寄与すると思いますので、私でお手伝いできることがありましたらお気軽にお声がけいただけますと幸いです。