Breakfast for Founders

事業アイデアの壁打ちがしたい

事業アイデアはある。プロダクトの開発もできる。とはいえ、作ろうとしているプロダクトや事業モデルについてベンチャーキャピタル/ベンチャーキャピタリストに一回話をぶつけてみたい。でも、事業計画もつくっていないし、資金調達もするかどうか分からないし相談に乗ってくれるのだろうか・・・。

 

そう考えたことはないでしょうか。私自身も過去ありました。

 

そのような起業家・起業家候補の方向けに、自分がはじめて起業するなら、こういった場があって欲しい、と思ってはじめた勉強会が「Breakfast for Founders」です。

 

現時点では資金調達を考えているかどうか、プロダクトが出来ているか出来ていないか、は前提にしておらず、かつ少人数で(起業家チームは1・2組)でじっくりお話できるように設計しています。

 

また、タイミングによってはCAVのキャピタリストだけでなく、主旨に賛同して頂いた他のベンチャーキャピタリストやサポーターを特別ゲストとしてお招きして、全力で参加される起業家の方のアイデアのブラッシュアップを行っています。

 

私自身のベンチャー企業の経営における失敗経験などもお伝えすることで、知っていれば避けられるはずのサービス進捗を妨げる失敗を一つでも減らしたいですし、国内外のポートフォリオ企業の事例も踏まえて新しい視点をインプットして事業を最短距離で伸ばすお手伝いをしていきたいと思っています。

 

私たちの立場だけを言えば、まったく効率が悪いやり方かもしれません。が、今回シード投資を強化するにあたって、青田買いを助長したり、一過性のブームにしたくないという思いが強くあり、スタートアップを取り巻く環境自体を盛り上げながら、CAVのファンドとしても成果を出すというスタンスを保持していく覚悟です。

 

目線高くチャレンジをする若者を応援したい

10年後、100年後の世界を見据えた、大きなチャレンジをする若者を応援したいと心の底から思っています。

  • 世界がこう変わらないわけがない、という自分なりのヴィジョンがある
  • ルールとは作るものであり、既存ルールに乗ると失敗するか大して成功しない確率が高い、と肌身に感じている
  • 妙にひとに可愛がられる
  • プロダクトなら何でも作れる技術がある
  • 誰にも負けないスキルがひとつある

このような方がいらしたらぜひお声掛けください!(上記は一例)

 

もちろん、そういった起業家予備軍の方と創業メンバーとして働きたいという方もぜひ。

 

よくあるVCからの質問

 

その他のブログも見る