制約条件

起業家の思考のあり方

ベンチャーキャピタリストをしていると、「どういう起業家に投資したいですか? 」ってよく聞かれるのですが、最近は、

 

自分のやりたいことに制約条件をつけないひと。もしくは徐々に制約を外せるひと。

 

と答えることが多いです。脳にフタをしない、もしくは外せるという感じでしょうか。

 

「経験」って言葉は魔物で、財産にも制約にもなるんですよね。

 

よくも悪くも起業家・経営者にありがちと言われる朝令暮改。でも、朝令暮改してもしなくても、発想に制約がないひとの行動の結果に過ぎないのではないかなと思うわけです。

 

そもそも積み上げてきた過去も、追うべき成果に真っ直ぐに進んできた結果でしかないんですよね。未来のためにあらかじめ積み上げてきたんじゃなくて、いまを追い掛けた結果、後塵にすぎない、みたいな潔さが共通点としてある気がします。

 

自分の達成すべき成果の前では、その動機や使命感の前では、資金も人材も商慣習もすべては制約条件に過ぎない、っていうスタンスを持っているひとは強いなと。

 

ということで、私自身も、ベンチャーキャピタリストとして、起業家・事業家のパートナーとしてそうあり続けたいです。

 

Also published on note

 

その他のブログも見る